お金・投資

【株 暴落】上昇相場でこそ考えよう、暴落時への備え

このところ、金融緩和のおかげで米国株はバブル状態ですね。

まだまだ上昇するという強気な意見もある一方、大口が売り始めており、大きな調整(暴落)が入る。という観測も見かけるようになって来ました。皆さんは、「暴落が来たときの備え」はできているでしょうか?

アイコン名を入力

備えなんて必要なの? 暴落きてからでいいんじゃない?

アイコン名を入力

普段から備えておくことが重要なんです

結論:暴落時に買う銘柄を決めておきましょう

暴落時に買う銘柄を、相場が安定している内に決めておくことが備えになります。
相場が安定しているときであれば、落ち着いて以下の準備をすることが出来ます。

安定している時にできること
  • 欲しい銘柄をあわてず、落ち着いて選べる
  • 欲しい銘柄の平時の株価・値動を確認できる
  • 購入のためのキャッシュを準備できる

株の基本は「安く買って、高く売る」です。暴落はピンチではありますが、今は高くて買えない銘柄を安く買うチャンスでもあります。
そんなチャンスをつかむために、相場が安定している時に準備をしておくことが重要です。

暴落相場時に起きること

「暴落の状況を見てからでいいじゃないか」そう思う人もいるかもしれません。ですが、いざ暴落が始まると、以下のようなことが起こります。

上記のような状態になると、冷静に株を選ぶことは難しくなります。
さらに、前回のコロナショックのように、急落後の回復が早い場合もあり、安く買える時間はあまり長くありません二番底や、下落し続ける危険性もあるため、タイミングにも注意を払う必要があります。
そんな混乱の中、冷静な行動をするには「下がったらこれを買う」「いくらになったら買う」などを事前に準備を済ませておくことが重要です。
また、手持ちの株の利確や、余剰資金の投入などで、証券口座にキャッシュを準備しておくことも重要です。

アイコン名を入力

災害時の備えと同じですね。発生してからでは対応が難しくなります。

コロナショックで実証

今回の暴落時の備えは「与沢翼」さんの動画で学んでいましたが、コロナショックの際に、たまたまその話を実証する形になりました。
うまくいったのは運の要素もあるかと思いますが、後から考えると平時の備えがあったからこそだと思います。

まとめ

暴落がいつ発生するのかは、専門家でも予測は難しいとされています。
ですが、私達個人投資家は、ファンドとは違って資産をキャッシュで持ち「暴落を待つ作戦」を取ることが出来ます。また、ショートやプットオプションと違って難しい投資の知識も必要なく、逆に上昇してしまった際のリスクもほぼゼロなので、私のような投資初心者向けの作戦ともいえます。
上でも書いたとおり「暴落を待つ作戦」には、平時からの備えが重要となります。
皆さんも今のうちに欲しい銘柄選びと、キャッシュの確保をしてみてはいかがでしょうか。

※ あくまで投資(とその作戦)は自己責任でお願いします。


応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です