C#

【C#】ScottPlotで棒グラフを作る方法

無料で使えて高速なグラフライブラリ「ScottPlot」で棒グラフを作る方法を解説します。
作成自体は1行、データの定義や描画を含めても10行程度の実装で作成できます。

この記事の内容
  • 棒グラフの実行動画
  • 全体コード

ScottPlotのセットアップ

ScottPlotのインストール・Formへのコントロールの追加はどうやるの?
という方は、以下の記事で分かりやすく解説していますので参照してみてください。
( 散布図用の記事ですが、棒グラフでも同じ手順でインストールできます)。

棒グラフの実行動画

後述するコードを実行すると、以下のGIF動画のような棒グラフが作成できます。

全体コード

棒グラフを作成するためのコードは以下の通りです。

public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // サンプル用にデータを準備します
            double[] pointX = { 1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0 };
            double[] pointY = { 1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0 };

            // グラフにタイトルを付けます
            formsPlot1.plt.Title("タイトル");

            //
            // 棒グラフを表示します。
            // ShowValuesをTrueにすることで、Y軸の値を表示します。
            // labelには凡例に表示する名称を指定します。
            //
            formsPlot1.plt.PlotBar(pointX, pointY, showValues: true, label: "データ");

            // Legend(凡例)の表示を指定します(指定しないと表示されません)
            formsPlot1.plt.Legend();

            // ScottPlotのコントロールで描画(表示)します。
            formsPlot1.Render();
        }
    }

まとめ

ScottPlotで棒グラフを作成する方法をご紹介しました。参考になればうれしいです。

自分でコードを打つ時間がない時は

『自分でやるには時間がない、でも頼める人もいない』と悩んでいるあなたに「ココナラ」があります。

登録者数は約200万。専門家・フリーランスも多く、制作サンプルやレビューを見て自分にあった人を選ぶことができます。特に人気の「Python」なら絶対数が多いので「デキる人」も見つけやすいです。登録は無料なのでどんな人・チームがいるか確認してみてください。

(HP製作・動画製作・面倒な業務文書の作成代行も依頼もできますよ)

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

UdemyでC#のスキルを上げる

C#のスキルを上げるには、Udemyの動画講座がおすすめです。「C#で読みやすいコードを書く50の方法」「保守性の高いコードの書き方」など、脱初心者/スキルアップのための講座が公開されています。

1講座 2440円程度で公開されており、返金保証あり。視聴期限もないので自分のペースで仕事のスピードや評価のUPのための力をつけことができます。

書籍を買うのもいいですが、同額の値段で「動画講座」でもスキルを磨いてみてください。きっと費用対効果の高い自己投資になります。

以下のリンクはC#講座の一覧です。

⇒ C#の講座一覧をみる


応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。