コントロール

【C#】Formの作成とサイズの固定方法

はじめに

C#.NET FrameWorkでの、Formの作り方とサイズの設定/固定方法について解説します。

折れ線グラフの作り方の記事ではさらっと流してしまったので「Form自体の作り方を知りたい」という方の参考になればうれしいです。

※クリックすると各項目へジャンプできます

環境

この記事は以下の環境で作成しています。

環境バージョンなど備考
VisualStudio   2019 Community 2017でも使用できます
.NET4.7.2
プロジェクトFormアプリケーション(.NET Framework) 
OSWindows 10Win7でも問題ないです

実行結果

後述する手順で作成できるFormです。サイズが固定され、サイズ変更の矢印(右下)も表示されないFormを作成します。

この記事で作成するFormの実行結果の表示

Formの作成手順

VisualStudioのプロジェクトを「Widows フォームアプリケーション(.NET Framework)」で作成する必要があります。以下でプロジェクトの作成方法を解説します。

①.NET フォームアプリケーションのプロジェクトを作成する

VisualStudioを起動して 「新しいプロジェクトの作成」を選択します。

VisualStudioで新規プロジェクトの作成方法を説明する画像

②プロジェクトの形式を設定する

画面中央上に「Windows フォーム」と入力します。

入力するとその下に「Windows フォーム アプリケーション(.NET Framework) 」が表示されるので選択し、「次へ」をクリックします (似た名前のものが多いので注意してください)。

VisualStudioでWidowsフォームアプリケーションのを選択する方法を解説する画像

③ プロジェクトの構成を入力する

プロジェクトの名前・プログラムの名前・保管場所を入力し「作成」を押します。
名前や保存場所に特にこだわりがない・よく分からないという場合は、デフォルト表示のまま「作成」を押してOKです。

プロジェクトの名前など、構成を設定する方法を解説する画像

※ 画像ではデフォルトの「WindowsFormsApp1」からプロジェクト・ソリューション名を変更しています。

③ Formの作成

設定が終わると自動でFormが作成されます。

Formが自動生成された状態を説明する画像

フォームのサイズを変更する方法

Formのサイズを変えるには、デザイナ(中央のFrom画面が表示された部分)でマウス操作で変更するか、右側のプロパティ一覧の「Size」の項目に数値を入れて変更します。

Formのサイズを変更する方法を解説する画像

ソースコード内にサイズを記載する方法も見かけますが、プロパティでの設定をおすすめします。コード上に記載すると、設定がコードとプロパティに散らばって、バグの温床になります。なるべくプロパティを活用しましょう。

フォームのサイズを固定する

フォームの大きさを固定にするには「MaximumSize」「MinimumSize」プロパティを「Size」プロパティと同じにします。こうすることで、最大化ボタンが押されてもSizeプロパティの大きさが維持され、Fromの端(↔のアイコン)をマウスでドラッグされても大きさは変わりません。

フォームのサイズを固定する方法を説明する画像

【さらにひと手間】サイズ変更の矢印を非表示にする

前述の方法でサイズは固定できますが、実行後に画面の端にマウスカーソルを移動すると、サイズ変更用の矢印(↔)が表示されてしまいます。これでは「矢印が出ているのにサイズ変更できない!?」と困惑してしまうユーザもいるかもしれません。さらにひと手間以下の設定を追加して、ユーザが困らないFormにします。

FormBorderStyleのプロパティを、デフォルトの「Sizable」から「FixedSingle」に変更すると、マウスカーソルを移動しても、サイズ変更の矢印が表示されなくなります。

FormBorderStyleの設定方法を説明する画像

FormBorderStyleによるサイズ変更矢印の違いを説明する画像

まとめ

C#.NET FrameWorkでの、Formの作り方とサイズの設定/固定方法について解説しました。参考になればうれしいです。

コントロールについてもっと知りたい

コントロール深く知るためには、使い方に加えて、C#自体についても知る必要があります。また、作成していると当然バグにもぶつかるため、デバッグの知識も重要です。身近な人に教えてもらうことが一番ですが、そうでない方は書籍での勉強をおすすめします。

とは言っても、C#の書籍にはコントロールについて触れないものや・高度な内容から解説するものも多いので、初心者~中級者向けとして以下の本を選んでみました。

「プログラムはなぜ動くのか?」から始まり、基礎知識・コントロール(デスクトップアプリ)の作り方・デバッグ方法など、実際にコントロールを使うための内容が、イラスト入りで分かりやすく解説されています。初心者~中級者の方にちょうどいい内容です。

「ネットで十分じゃない?」という意見もあるかと思いますが、ネット情報は個別のコントロールなどの「スポット」の情報であることが多いです。書籍の購入には多少の費用が掛かりますが、手頃な値段で基礎~応用、デバッグの方法まで学べることは、会社でも学校でも個人の開発でも有利にはたらきます。スクール等に比べて金銭的負担も断然少ないです。Amazonなら購入前に試し読みもできるので、気になった方は試し読みから初めてみてください。

ちなみに分厚くはないので枕や鈍器には向きませんが、紙版を購入すると会社の机に並べて、(読む読まないに関わらず)「私、勉強しています。」のアピールに使うことができます。その様な用途を求めている方には是非紙版をおすすめします。

楽天ブックス
¥2,640 (2021/12/18 00:26時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です