Pico

【新生活からはじめよう】RaspberryPi Picoでできること

はじめに

RaspberryPi Picoの概要や、Picoでできることについて解説します。以下の疑問の解決になればうれしいです。

  • RaspberryPi Picoってどんなもの?
  • プログラミングは難しい?
  • どんなことができるの?

~ この記事の内容 ~

※ クリックでジャンプできます。

RaspberryPi Picoってどんなもの?

RaspberryPi Picoの概要

RaspberryPi Picoは、イギリスのRaspberryPi財団が独自開発した「RP2040マイコン」を搭載した開発用ボードです。ボードにH/Wデバイスをつないで、プログラミングすることで、様々なH/Wを動かすことができます。
先に発売された、RaspberryPi1~4シリーズのようなOS・LAN・Wifiは搭載していませんが、その分「小型」「超低価格」「高性能」な「H/Wに特化したコスパのいいコンピュータ」です。。

プログラムの作るのは難しい?

AIなどで話題のプログラミング言語「Python」や、人気の開発環境「Visual Studio Code」が使えます(参考記事)。ひと昔前は専用のツールやC言語が必要でしたが、Picoでは分かりやすいPythonや、無料で便利な開発環境を使って、簡単にプログラミングすることができます。作り方もPC上のアプリを作る感覚にかなり近いです。

まとめ

  • OS・LAN・Wifiは非搭載
  • 小型・超低価格・高性能
  • 誰でも無料で、アプリに近い形でプログラミングできる

Picoでどんなことができる?

ボード外周部の40個のPin(穴)にセンサーやモーターなどのを接続することで、簡単なものでは温湿度計や二酸化炭素濃度計。より高度なものでは、ホームオートメーション・ロボット・ドローンなどといったモノを作ることもできます。

以下は、Picoが使われている、プロジェクト(製作物)の一例です。

温湿度計

ホームオートメーション

防犯カメラ自動録画システムです。Picoと人感センサ・ソレノイドなどを使って、家庭の防犯カメラの自動録画システムを作成されています。本ブログでも簡易版システムのプログラムについて回答/解説させていただきました。

ゲーム

懐かしのゲームができるミニゲーム機をPicoを使って作成されています。

ロボットカー

Picoを使ったロボットカーのキットが、アマゾンで発売されています。4輪駆動。ライントレース・障害物の回避・物体追跡機能などを持ったロボットカーが作れます。

ドローン

市販品が短期間で販売終了してしまうため、ドローン(マルチコプタ)のフライトコントローラーをPicoで自作されています。ドローン全体のわかりやすい製作工程や、各種データも公開されています。

AI

Picoなど小型・超低消費電力のデバイス(マイコン)でAIを動かす、Tiny Machine Learningというプロジェクトです。日本語の情報は少ないようですが、スイッチサイエンスさんからもカメラモジュールが発売されています。

まとめ

RaspberryPi Picoで出来ることについて解説しました。
概要でもお伝えした通り、Picoを使えばいろいろな「モノ」を動かすことができます。

  • 「プログラミングを始めたいけど、何からやっていいか分からない」
  • 「PCやサーバ以外の、実世界のモノを動かしてみたい」
  • 「ドローンやロボットを作ってみたい」

という方は、ぜひぜひPicoから初めてみてください。

「壊しそうで怖い…」と感じるかもしれませんが、壊すのもH/Wを扱う醍醐味ですし、ほぼワンコインなので、お財布へのダメージも軽微です。ガンガン使ってH/Wを扱う楽しさを体験してみてください。はじめは趣味でも、だんだんと新たな仕事や研究に役立つスキルを身に着けることができると思います。

Raspberry Pi Pico を使ってみよう

ゼロからPicoを始める人は「Pico」「USBケーブル」「ピンヘッダ」のセットが便利。Pico内蔵のLEDなら、USBにつなぐだけですぐ使えます(参考)。ケーブルを間違う心配もありません。

はんだ済み完成品はこちら

今ならPrime会員 最大2.5%ポイントGETの「現金チャージ」の裏技も使えます。

Raspberry Pi Picoの書籍

さらっと読めるムック本がおすすめです。

¥1,330 (2022/02/12 23:37時点 | Amazon調べ)

おすすめ工具

Picoに必要なおすすめ工具をこちらの記事でまとめています。

やっぱりWifiも使いたい

「やっぱりWifiやディスプレイも欲しい…」「基盤むき出しはちょっと怖い」という方には「M5Stack Core2」があります。Wifiやカラーのタッチディスプレイ搭載で、より高度なIoT機器が追加部品なしで作れます。GPIOなどももちろんありますよ。

※ セットアップ方法もこちらで解説しています。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。