Pico

Windows7で認識しない解決策あり Raspberry Pi Pico の使い方 ~セットアップからLED点灯まで~

はじめに

RaspberyPi に新しく「Pico」が追加されたので使ってみました。

WifiやBlueToothはありませんが、スイッチサイエンスで 550円という低価格かつ、話題のマイコンボードということで購入してみました。ボードのセットアップから、搭載しているLEDを光らせるところまでを解説します。

開発環境の設定や、Windows7でPicoが認識されない(ドライバの問題)でハマったので、その解決方法も合わせて解説します。

Windows7を使用している場合、手動でのドライバインストールが必要です。
後述する「デバイスが見つかりませんエラーの解決方法」をご覧ください。

こんなことに使える
  • 低コストでマイコンボードに入門してみたい。
  • センサやモータなどH/Wを動かしてみたい。
  • Pythonでマイコンボードを開発したい。

環境

環境バージョンなど備考
開発PC Windows 7 手動のドライバインストールが必要です
開発環境thonny-3.3.11
ボードRaspberry Pi Pico  
ケーブルUSB2.0 TypeA - MicroB

実行結果

Picoに搭載されているLEDを点灯・消灯することができます。

開発環境のインストール

PicoではC++とMicroPythonを使って開発ができます。とりあえずMicroPython用のIDEで、他のサイトでもよく紹介されている「Thonny」を使っています(日本語にも対応しています)

https://thonny.org/

※ トップページ右上にダウンロードのリンクがあります。

インストールは簡単で、言語設定以外はデフォルト設定のまま「次へ」を押していけば完了します。
Languageは「日本語」、Initial settingsは「Standard」にしてみました。

※ RaspberryPi の設定は、ボタンが大きい(子供むけ?)とのウワサだったのでStandardにしています。

Picoの設定

Picoの接続

USBケーブルPicoに接続します。

Picoのボード上の「BOOTSEL」と書かれたボタンを押して、ケーブルをPCに接続します。

USBメモリのように、Picoが外部ストレージ(RPI-PR2)として認識されます。
(認識されたらボタンを離してOKです)

Picoの中の「INDEX.HTM」をダブルクリックすると、ブラウザでPicoの公式ページが表示されます。

ファームのダウンロード

Picoの公式ページの「Getting started Micro python」のタブを選択します。

表示されたタブの「Download UF2 file」をクリックしてファイルを保存します。

保存されたファイルをPicoの「INDEX.HTM」と同じフォルダにコピーします。

コピーが終わると自動的にPicoが認識されなくなりますが、正常動作です。

外部ストレージとして見れなくなればPicoのファームウェアの書き込みは完了です。

プログラムの実行

Picoの基板上のLEDを点灯・消灯する、以下のMicroPythonのコードをThonnyに記入します。

import machine
import utime
led = machine.Pin(25, machine.Pin.OUT)

led.value(1)
utime.sleep(5)
led.value(0)

メニューの再生マークを押します。

特に問題がない場合は、以下のようにLEDが5秒程度点灯し、その後消灯してくれるはずです。

LED点灯

LED消灯

Thonnyに、importのエラー、デバイスのエラーが表示された場合は以下の設定を行ってください。

Importのエラーの解決方法

以下のように「ModuleNotFoundError: No module named 'machine'」と表示された場合は、Thonnyの「インタプリタ」の設定を行います。

「実行」の「Select interpreter...」を選択します。

インタプリタのタブを選択して、「MicroPython (Raspberry Pi Pico」」に変更してOKボタンを押します。(他は変更する必要はありません)。

上記設定を行えば、Importのエラーは解消されるはずです。

デバイスが見つかりませんエラーの解決方法

Windows7で、Picoをケーブルで接続しているにも関わらず、以下のように、「Couldn't find the device automatically. …」と表示された場合はドライバの手動インストールを行います。

Windows7を使用している場合に発生するエラーのようです。
デバイスマネージャーで「Board CDC」に黄色のアイコンがついている場合に試してみてください。

公式のフォーラムのこのページに、同現象のやり取りが載っています。基本的にこの記事もリンク先の内容を踏襲しています。

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=300633

ドライバの手動インストール方法

以下のサイトからのファイルをダウンロードして内容を修正してから、ドライバのインストール行います。
難しそうに聞こえますが、簡単なので手順に沿ってやってみてください。

① ドライバのダウンロード

以下のサイトからドライバをダウンロードします。下のリンク先に飛びます。

https://www.microchip.com/SWLibraryWeb/product.aspx?product=SE_USB_CDC_Virtual_COM_Driver

下記のページに移動するので、赤枠の部分をクリックします。

ドライバのダウンロード場所1

下のページに移動するので、赤枠内の「Download」をクリックします。

ドライバ(Atmel_USB_CDC_Virtual_COM_Driver_v.6.0.0.0.zip) がダウンロードされます。

ドライバのダウンロード場所2

② フォルダ名のリネーム

ダウンロードしたファイルを解凍してできた「atmel_usb_cdc_virtual_com_driver_v.6.0.0.0」のフォルダを、「pico-serial」という名前に変更します。

③ INFファイルのリネーム

pico-serialフォルダ内の「atmel_devices_cdc.inf」を「pico-serial.inf」という名前に変更します。

④ ファイルの書き換え

pico-serial.inf」をメモ帳などで開きます。

[DeviceList] など項目ごとに設定が並んでいるのを確認します。

編集前
[DeviceList] 
%ATMEL_CDC_XPLAINED%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_2122 
%ATMEL_CDC_USB_ZIGBIT_Sub%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_214B
%ATMEL_CDC_USB_ZIGBIT_2_4%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_214A
%ATMEL_CDC_SFW_EXAMPLE%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_2307 
%ATMEL_CDC_EVK1XXX%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_2310 
%ATMEL_CDC_ASF_EXAMPLE%=DriverInstall, USB\VID_03EB&PID_2404

~~  省略 ~~

[DeviceList.NTAMD64]
%ATMEL_CDC_XPLAINED%=DriverInstall.NTamd64, USB\VID_03EB&PID_2122 
%ATMEL_CDC_USB_ZIGBIT_Sub%=DriverInstall.NTamd64, USB\VID_03EB&PID_214B 
%ATMEL_CDC_USB_ZIGBIT_2_4%=DriverInstall.NTamd64, USB\VID_03EB&PID_214A 

~~  省略 ~~

以下の「編集後」の部分に記載した、[DeviceList]などの5項目を探します。

各項目に元々書かれている内容は削除して、Pico用の設定を以下の「編集後」の部分からコピペします。

※ [Strings]のみ、一番最後に離れて書かれているので注意してください。

編集が完了したらメモ帳を保存します。

編集後
[DeviceList] 
%PI_CDC_PICO%=DriverInstall, USB\VID_2E8A&PID_0005&MI_00

[DeviceList.NTAMD64]
%PI_CDC_PICO%=DriverInstall, USB\VID_2E8A&PID_0005&MI_00 

[DeviceList.NTIA64]
%PI_CDC_PICO%=DriverInstall, USB\VID_2E8A&PID_0005&MI_00 

[DeviceList.NT]
%PI_CDC_PICO%=DriverInstall, USB\VID_2E8A&PID_0005&MI_00

[Strings] 
Manufacturer = "ATMEL, Inc." 
PI_CDC_PICO = "Pi Pico Serial Port" 
Serial.SvcDesc = "Pi Pico Serial Driver"

⑤ ドライバのインストール

Windowsのデバイスマネージャを開き、黄色いアイコンがついている「Board CDC」を右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。

「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択します。

上で編集した「pico-serial」のフォルダを指定して、ドライバをインストールします。

インストールが完了すれば、Thonnyの「デバイスが見つからないエラー」は消えているはずです。インストールが成功後にエラーが消えない場合は、Picoの抜き差し・Thonnyの再起動を試してみてください。

まとめ

RaspberyPi PicoのセットアップからLEDを光らせるところまでを解説しました。
Windows7の問題で予想外にハマったので、同じような現象の出ている人の参考になればうれしいです。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

POSTED COMMENT

  1. ロイ より:

    初めまして。
    最近ラズベリーパイpicoを購入したのですが、使用しているパソコンが古く、Windows7を使用していると記事通りのエラーが出てしまい、参考にさせて頂いた次第です。
    Microtipのサイトまでは飛んだのですが、どこからどれをダウンロードすればよろしいのでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    • えす より:

      ロイさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。

      せっかく購入したのに、使えないのはつらいですよね。

      記事を更新して、ダウンロード場所などの詳細を追加しました。
      画像等を参考に再度ダウンロードを試してみてください。

      他にも分からないところがあったら、お気軽にコメントで教えてください。
      私で分かる範囲であれば対応します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です