M5Stack

【MicroPython】M5StackCore2 Vibrationの使い方

はじめに

M5Stack Core2で振動(Vibration)を使う方法を解説します。言語はMicroPythonを使用します。

環境

この記事は以下の環境で作成しています。

環境          バージョンなど  備考
VisualStudio Code  1.66
vscode-m5stack-mpy1.1.7
UIFlow(MicroPython)1.7.4
開発PCのOSWindows11Window10でもOKです

プログラム概要

今回のプログラムの概要は以下の通りです。

  • 振動(vibration)の強度を設定する
  • vibrationをONにする
  • vibrationをOFFにする

実行結果

後述するVibrarion ON/OFFのコードの実行結果は以下の通りです。画像では伝わりませんが、「Vibration ON!」と表示されてM5Stack Core2が振動します。

VibrationON/OFFのコードを実行したときのM5Stackの画像

全体コード

全体コードは以下の通りです。詳細な内容は後述する「コードのポイント」で解説します。

from m5stack import *
from m5stack_ui import *
from uiflow import *

# 画面を作成します
screen = M5Screen()

# 画面をクリアします
screen.clean_screen()

# 画面の背景を白に設定します
screen.set_screen_bg_color(0xFFFFFF)

# ラベルを作成します
label0 = M5Label('Text', x=60, y=67, color=0x000, font=FONT_MONT_32, parent=None)

# 振動の強度を設定します(0~100)
power.setVibrationIntensity(1)

# 3回ループします
for i in range(3):
  
    # テキスト(ラベル)を表示します
    label0.set_text("Vibration ON!")
  
    # 振動をONにします
    power.setVibrationEnable(True)
    
    # 振動ONで、2秒待機します
    wait(2)
  
    # テキスト(ラベル)を表示します
    label0.set_text("Vibration OFF!")

    # 振動をOFFにします
    power.setVibrationEnable(False)
    
    # 振動OFFで2秒待機します
    wait(2)
    
    

コードのポイント

振動の強度を設定する

setVibrationIntensity関数を使って、引数で振動の強さを設定します(0~100)。100に設定すると振動用のモーターが「うなる」ぐらいの強さになるので、1~10程度で十分かと思います。

# 振動の強度を設定します(0~100)
power.setVibrationIntensity(1)

振動をON/OFFする

setVibrationEnable関数を使います。引数に「True」を指定すると振動がON、「False」を指定すると振動がOFFになります。

 # 振動をONにします
 power.setVibrationEnable(True)

# ~~~ 中略 ~~~

# 振動をOFFにします
power.setVibrationEnable(False)

まとめ

M5StackCore2でVibrationを使う方法を解説しました。スマホのように「画面上のボタンを押したら振動させる」「センサーで対象を検知したら振動させる」など、いろいろなことに使えるかと思います。参考になればうれしいです。

M5Stack Core2 をはじめよう

M5Stack Core2には標準でUSBケーブル(TypeA-TypeC)が付属しているので、買ってすぐに始めることができます。アマゾンで買えるので購入も簡単です。

「ポイントやチャージを使いたい」「日用品・他の買い物と合わせて買いたい」という方は以下のリンクをご利用ください。

2022年4月現在、円安と半導体不足の影響からか、M5Stack Core2も在庫小・価格上昇・長納期化が進んでいるようです。今後の動向は読めないので、購入予定の方は早めの行動をおすすめします。

こちらの記事で開発時に使えるおすすめツールも紹介しています。

¥5,990 (2022/03/30 18:04時点 | Amazon調べ)

今ならAmazonで、通常会員0.5~2% Prime会員なら最大2.5%のポイントが貰える「現金チャージ」も使えます。

もう少し安いやつないの?

WifiやBluetoothの機能はありませんが、H/W制御の特化の「RaspberryPi Pico」なら1000円程度で始めることができます。「激安でH/Wを動かしたい」という方にはRaspberryPi Picoがおすすめです。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。