M5Stack Core2

M5Stack Core2 の使い方 ~ UIFlow セットアップ編 ~

はじめに

人気のIoTモジュールM5Stack Core2を「UIFlow」から使う方法を解説します。

公式サイトの解説にそって、ドライバのインストールからセットアップまで、公式でわかりづらい部分を補いながら、詳しく説明します。

初心者・入門者の方でもわかりやすいように、画像を使って細かく解説していますので、UIFlowを使う際に参考にしてみてください。

※ クリックすると各項目へジャンプできます

M5Stack Core2

M5Stackは、2017年に発売されたマイコン(IoT)モジュールです。5cm×5cmのケースの中に、マイコン・ディスプレイ・ボタン・スピーカー・バッテリー・センサなど、「これさえあれば何をするにも大体OK」な機能をすべて搭載Wifi・Bluetoothにも対応しています。

「UI Frow」というグラフィカルな開発環境も使えるので、今どきの電子工作やIoTにピッタリなデバイスです。

M5Stackのベーシックなモデルとして「M5 Stack Basic」が発売されていますが、現在ではタッチパネル搭載など、より洗練された「M5Stack Core2」が発売されています。本記事でも 「M5Stack Core2」についてを紹介します。

こんな方におすすめ
  • 電子工作・IoT機器を作ってみたい・勉強したい
  • プログラミングの勉強をしたい。
  • 職場・学校で、プロトタイプを作りたい。

環境

この記事は以下の環境で作成しています。

環境 バージョン
モジュール  M5Stack Core2
開発用PCのOS Windows10
UIFlow Ver.1.9.0

M5Stack Core2 をはじめよう

M5Stack Core2は、USBケーブル(TypeA-TypeC)も付属しているので、買ってすぐに始めることができます。セットアップ方法については、こちらの記事をご覧ください。

¥5,990 (2022/03/30 18:04時点 | Amazon調べ)

こちらの記事で「おすすめ工具」も紹介しています。

【結論】セットアップ完了でプログラミングができる

後述する手順を行うと、UIFlowで「M5Stack Core2」をプログラミングできるようになります。

UIFlowは「MicroPython」「Blockly」の二つの言語に対応しているため、1度のセットアップで、2つの言語が使えるようになります。

UIFlow(MicroPython)の画面イメージの紹介

M5Stack Core2のセットアップ手順

準備物

基本的に「パソコン」と「M5Stack Core2 」だけあればOKです。

WiFiの設定があるので、事前にSSIDとパスワードを確認しておくとスムーズです。

  • パソコン(Windows10)
  • M5Stack Core2
  • 同梱のUSBケーブル ( Type-A — Type-C )
  • 使用するWiFiのSSIDとパスワード

セットアップの流れ

以下の流れでセットアップを進めます。

  1. ドライバのインストール
  2. M5Burnerでのファームウェアの書き込み
  3. APIキーなどの設定(configuration)
  4. UI Flowの設定

① ドライバのインストール

メーカーサイトのページにアクセスして、以下で示した場所からWindows用のドライバをダウンロードします。

※PCに搭載されているUSBチップの種類によってドライバが分かれるようです。インストールやセットアップ中にエラーが発生する場合は、「CH9102_VCP_SER_Windows」のドライバもインストールしてみてください。(種類がわからない場合は、両方入れてしまってもOKです)

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると、以下のファイルが表示されます。「CP210xVCPInstaller_x64_v6.7.0.0.exe」をダブルクリックします。

ドライバのインストーラーのファイルを説明する画像

ドライバのインストール画面が表示されるので、「次へ」を押していきます。使用許諾が表示されるので(内容に問題がない場合は)「同意します」にチェックをいれて、次へをクリックします。

ドライバのインストーラーの解説1

以下の画面が表示されれば、ドライバのインストールは完了です。「完了」を押してインストーラを終了します。

ドライバのインストーラーの解説2

② M5Burnerでのファームウェアの書き込み

ドライバと同じページにアクセスして、以下の場所からファームウェアの書き込みツール『M5Burner』をダウンロードします。

M5Burnerのダウンロード先の説明

ダウンロードした圧縮フォルダを解凍すると、以下のファイルが表示されます。「M5Burner.exe」をダブルクリックしてM5Burnerを起動します。

M5Burnerの実行ファイルの説明

M5Burnerを起動時に以下の画面が表示された場合は「この機能をダウンロードしてインストールする」をクリックします。

インストール画面が消えたら完了です。(表示されない場合は次の手順へ進んでOKです)。

実行時に要求される.netのインストール方法説明

※ 上記画面が表示された場合は、インストールが完了してもM5Burnerが起動しないので、もう一度 「M5Burner.exe」をダブルクリックしてください。

M5Burnerが起動すると、以下の画面が表示されるので、「UIFLOW(CORE2)」の「Download」ボタンをクリックします。

M5Burnerの説明 ダウンロード

ダウンロードが完了すると、「Burn」「Configuration」ボタンが表示されます。

M5Stack Core2をUSBケーブルでPCに接続してから「COM」を選択します。ドロップダウンリストに「COM3」などと表示されるので、表示されたCOMを選択します。

選択後「Burn」ボタンを押します。

M5Burnerの説明 ポート設定

「COMが複数表示されて、どれを使えばいいか分からない」という方は、M5Stack Core2以外のUSB機器(マウス・キーボードは除く)を、PCから抜いて、再度選択を試してみてください。

「Burn」ボタンを押すと、以下の画面が表示されます。使用するWiFiのSSIDと、パスワードを入力して「Start」ボタンを押します。

M5Burnerの説明 Wifi設定

以下の画面が表示されてファームウェアの書き込みが始まります。

「Burn Successfully」が表示されたら、ファームウェアの書き込みは完了です。「Close」ボタンを押します。(100%が表示されてからSuccessfullyが表示されるまで少し時間がかかります)。

M5Burnerの完了の確認方法の説明

書き込みが完了すると、M5 Stack Core2が自動で再起動されて、以下の画面が表示されます。M5Stack Core2とPCがWiFi接続されているので、USBケーブルは外してOKです。

ファーム書き込みが完了した際の、M5Stack側の表示内容の説明

③ APIキーの設定(configuration)

以下の画面でファームウェアの設定をします。M5Burnerで「Configuration」ボタンを押します。

M5Burnerの設定方法の説明1

表示された設定画面で以下の設定をします。

  1. ApiKeyをコピーする。
  2. Start Modeを「Internet Mode」に設定する
  3. SSIDとパスワードを入力する

ApiKeyは後述するUIFlowの設定に必要になるので、メモ帳などに張り付けておいてください。

※ 保全し忘れた場合は、Configurationボタンか、M5Stack Coreの画面に表示されています。

M5Burnerの設定方法の詳細説明

「Save」ボタンを押して、以下の画面が表示されたらAPIキーの設定は完了です。

M5Burnerの書き込み完了画面の説明

④UIFlowの設定

最後にUIFlowとM5Stack Core2を紐づけます。

UIFlowのサイトにアクセスして、表示された画面で以下の設定を行います。

  • メモしたApi Keyを入力
  • Languageを「日本語」に設定
  • Deviceの選択( M5Stack Core2)を選択
  • OKボタンを押す
UIFlowの設定方法の説明

OKボタンを押せば、すべてのセットアップは完了です。

UIFlowでのプログラミング

上記の手順が完了すると、UIFlow上で『MicroPython』『Blockly』によるプログラミングができるようになります。

プログラミングの方法については、以下の記事をご覧ください。Blocklyを使って「Hello M5」という文字表示するサンプルを解説しています。

Blocklyを使って作成するプログラムの実行結果の画像

まとめ

M5Stack Core2を、UIFlowから使う方法を解説しました。

公式サイトでは少し分かりづらいところがあったので、セットアップに苦戦している人や、これからM5Stack Core2・UIFlowを使う方の参考になればうれしいです。

UdemyでPythonを学ぼう

M5Stack Core2で使う『Python(MicroPython)』を学びたい方は、Udemyの動画講座がおすすめです。無料講座だけでも130本近く公開されており、アプリからならオフラインで見ることもできます。「本は苦手」という方でも、動画講座なら簡単です。

M5Stackで作れるものも広がるので、是非Pythonを学んでみてください。

⇒ Python(入門編)の講座一覧はこちら

※ リンク先の左側のメニュー「価格->無料」で無料講座が絞り込めます。

「ユニット」でM5Stackを拡張しよう

M5Stackは「ユニット」で簡単に機能拡張ができます。

UIFlowにもユニット用の処理のブロックが用意されているので、好みのユニットを追加して、自分だけのM5Stackを作ってみてください。

温湿度気圧センサユニット

I2Cで、温度・湿度・気圧の3つを測れるユニットです。温度/湿度系のセンサはプログラミングも簡単なので、初心者の方におすすめのユニットです。レゴ互換の穴も開いているので、センサの固定や配置にレゴが使えます。

¥1,034 (2022/06/13 00:36時点 | Amazon調べ)

測距センサユニット

Time-of-Flight方式を使用して、最大2mまでの距離を計測できるユニットです。通信方式はI2Cです。こちらもレゴ互換の穴が開いています。

¥1,254 (2022/06/12 23:48時点 | Amazon調べ)

環境光センサユニット

周囲の明るさを細かい精度で計測できるユニットです。通信方式はI2Cです。こちらもレゴ互換の穴が開いています。

¥825 (2022/06/13 00:51時点 | Amazon調べ)

ユニットをつなぐ配線には、ポートA・B・Cの3種類があり、コネクタの色で判別できるようになっています。

Core2はデフォルトで「ポートA」のユニットをつなぐように設定されているため、初心者の方はポートA(赤色コネクタ、I2C通信)のユニットを使うと簡単です。

MicroPythonやスケッチでの開発もできます

M5Stack Core2はArduinoでおなじみのスケッチや、VisualStudio Codeでも開発できます。以下の記事でまとめていますので興味のある方は是非ご覧ください。

もう少し安いやつないの?

Wifi・Bluetoothはありませんが、H/W制御特化の「RaspberryPi Pico」なら1000円程度で始められます。「とにかく安くH/Wを動かしたい」という方にはRaspberryPi Picoがおすすめです。このブログでこちらの記事でセットアップ方法などを解説しています。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。