Python

Windows10 仮想環境(venv) からPythonファイルを実行する方法

はじめに

Pythonの仮想環境(venv)上で、「Visual Studio Code」「IDLE」「ダブルクリック」からPythonファイルを実行する方法を解説します。

仮想環境(venv)自体の構築方法については、以下の記事をご覧ください。
(データ解析ライブラリ pandasのインストールと合わせて仮想環境の構築方法を解説しています)。

実行方法 まとめ

各環境でPythonファイルを実行する方法は以下の通りです。

Visual Studio Code を使うと基本的に通常環境時と同じようにPythonファイルを実行することができます。仮想環境の有効化(Activate)も自動で行ってくれるため、Windows10で仮想環境上のPythonファイルを実行する場合は、Visual Studio Codeをおすすめします。

IDLEは、仮想環境でIDLEを使うためのコマンドを、PowerShellから実行する必要があります。
仮想環境上での、Phthonファイルのダブルクリックする方法は見つかりませんでした。PowerShellから実行することで代替えできます。

  1. Visual Studio Code
    通常環境時とほぼ同じ。(有効化も自動実施してくれる)
  2. IDLE
    PowerShellから特別なコマンドで起動後、通常通り実行。
  3. ダブルクリック
    仮想環境上で実行する方法はなし。PowerShellから実行する。

各環境での詳細なPythonファイルの実行方法は後述する内容をご覧ください。

フォルダ構成と実行コード

仮想環境の構成と環境、実行するテストコードは以下の通りです。

仮想環境のみにpandasをインストールし、通常の実行時はimportのエラーが出るようにしています。

環境

環境は以下の通りです。

環境 バージョンなど
Visual Studio Code  1.60.0
IDLE3.9.6
Python3.9.6
pandas1.3.2

仮想環境の構成

仮想環境用のプロジェクト(フォルダ)「execTest」の中に、確認用のコード「testCode.py」を置いています。

仮想環境の構成を説明する図

テストコード

テストコードは以下の通りです。pandasを仮想環境にのみインストールしているため、実行環境上で仮想環境の指定が間違っている場合は、importの時点でエラーが発生します。

import pandas as pd

# pandasのバージョンを表示しています
print(pd.__version__)

# 入力待ちです
input(" input any key. ")

Visual Studio Code

仮想環境の有効化

Visual Studio Codeを使用する場合、仮想環境はPythonファイルを開いた際に自動的に有効化(Activate)されます。

実行したい仮想環境が選択されているかは、画面左下の表示と、中央下のターミナルの表示で確認できます。

VsCodeで仮想環境を有効にする方法を書いた写真

仮想環境上でのPythoファイルの実行

実行環境が正しく表示されていたら、あとは通常時と同様に「F5キー」や「再生マーク」をクリックするだけで、Pythonファイルが実行できます。

仮想環境上でPythonを実行する方法を説明した図

実行環境が正しく表示されていない場合

venvの表示がない場合や、別の仮想環境のプロジェクト(フォルダ)名が表示されてる場合は、左下の実行環境の表示をクリックしてください。

中央上に「インタープリターの選択」のメニューが表示されるので、実行環境一覧が表示されるので、「Enter interpreter path」を選択してください。

(一覧に使用したい仮想環境の名称が表示されている場合は、その項目を選択するだけで完了です)

仮想環境の切り替え方を説明した図

Findのメニューが表示されるので、選択します。

仮想化の選択を説明する図

ファイルの選択画面が表示されるので、実行したい仮想環境のフォルダの中の、python.exeを指定します。これで仮想環境の指定は完了です。

仮想環境の設定方法を解説shたず

IDLE

IDLEを使用する場合は、手動でPowerShellから仮想環境の有効化をする必要があります。

仮想環境の有効化後、以下のコマンドを入力してIDLEを起動します。

(Pythonファイルを右クリックして、Edit with IDLEは使用できません)

python -m idlelib.idle (ファイル名)
仮想環境上でIDLEの競う方法を説明した図
IDLEの起動例

コマンドを実行すると、IDLEが起動します。

メニューの「Run」-> 「Run Module」か、「F5」キーを押すと、通常時と同じようにPythonファイルが実行できます。

仮想環境上の実行となるため、テストコードの実行で、importのエラーは発生しません。

IDLEが仮想環境上で正しく動作することを説明する図

ダブルクリック

エクスプローラーからPythonファイルをダブルクリックで実行する方法は、残念ながら見つかりませんでした。

仮想環境上で実行したい場合は、Power ShellからPyhonファイルを実行するしかないようです。

まとめ

Windows10 で、仮想環境上に作成したPythonファイルを実行する方法について解説しました。

Visual Studio Codeなど、各環境ごとのポイントは以下の通りです。

  1. Visual Studio Code
    通常環境時とほぼ同じ。(有効化も自動実施してくれる)
  2. IDLE
    PowerShellから特別なコマンドで起動後、通常通り実行。
  3. ダブルクリック
    仮想環境上で実行する方法はなし。PowerShellから実行する。

参考になればうれしいです。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です