Chart PR

【C# WindowsForm】Chartコントロール 凡例を非表示にする方法【グラフ】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

はじめに

Windows FormアプリケーションのChartコントロールで『凡例を非表示にする方法』を解説します。

この記事の手順やソースコードは、Windows Formアプリケーション(.NET Framework)のプロジェクトが作成済みであることを前提にしています。

Windows Formアプリケーションの作り方から知りたい。という方は以下の記事からご覧ください。

環境

この記事は以下の環境で作成しています。

環境 バージョンなど 備考
Visual Studio 2022 (Community) 2017でもOKです
言語 C#
.NET Framework 4.7.2
プロジェクト WindowsFormアプリケーション
OS Windows 11 Home/Pro はどちらでもOK。Win10でも使えます。

実行結果

後述するコードを実行すると、下図の右側のように凡例を無効化したグラフを作成できます。

凡例を無効化するプログラムの実行結果を説明する画像

全体コード

凡例を無効化するコードは以下の通りです。詳細は次の「コードのポイント」で解説します。

以下のコードは、こちらの記事で解説した、Windows Formアプリケーション(.NET Framework)のプロジェクトを前提にしています。

(namespaceや、「Form1」などのクラス名は全てデフォルト名称で作成)

プロジェクトの名称やChartコントロール名を変えている方は、それに合わせてコードを置き換えてください。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

// Chartクラスの宣言を簡略化するために
// Usingを追加しています
using System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting;

namespace WindowsFormsApp1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // FormにChartコントロール(chart1)を
            // 貼り付け済みであることを前提にしています。

            // サンプル用のデータです。 
            double[] pointX = { 1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0 };
            double[] pointY = { 1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0 };

            //
            // 貼り付けたChartコントロールには
            // 初期値のデータがセットされているので、一旦クリアします
            //
            chart1.ChartAreas.Clear();
            chart1.Series.Clear();

            // 「chartArea」という名前のエリアを生成します
            ChartArea chartAria = new ChartArea("chartArea");

            // 生成したエリアをChartコントロールに追加します。
            chart1.ChartAreas.Add(chartAria);

            // Series(系列)を生成します
            Series series = new Series();

            // 系列の種類を折れ線グラフ(Line)に設定します
            series.ChartType = SeriesChartType.Line;

            // 系列の凡例を設置します
            series.LegendText = "凡例1";

            // 系列の凡例を無効化します
            series.IsVisibleInLegend = false;

            // 系列のポイント情報をセットします
            for (int i = 0; i < 5; i++)
            {
                series.Points.AddXY(pointX[i], pointY[i]);
            }
            // 生成・設定した系列をChartコントロールに追加します
            chart1.Series.Add(series);
        }
    }
}

※ 2021/05/03 スペルミス修正しました「chartAria」->「chartArea」

コードのポイント

凡例を非表示にする

販連の無効化は、series.IsVisibleInLegendプロパティを「false」にすると凡例が消え、「true」にすると凡例が表示されます。

            // 系列の凡例を無効化します
            series.IsVisibleInLegend = false;

まとめ

Chartコントロールで凡例を非表示にする方法について解説しました。凡例の設定方法でお困りの方の方の参考になればうれしいです。

お知らせ

今月号の『Software Design』はドメイン駆動設計(DDD)。実例を交えたDDDの手法の解説が特集されています。

編集:Software Design 編集部
¥1,562 (2024/03/13 12:59時点 | Amazon調べ)

もっと少し詳しく知りたい

もっと詳しくC#でのアプリの作り方を知りたい方には、こちらの本がおすすめです。

Formアプリケーションの作り方を分かりやすく解説した本はあまりないのですが、この本はイラストが多めで分かりやすく、環境も記事と同じVS2022なので、最新環境がそのまま使えます。

著:荻原裕之, 著:宮崎昭世
¥2,673 (2024/03/07 06:28時点 | Amazon調べ)

質問・要望 大歓迎です

「こんな解説記事作って」「こんなことがしたいけど、〇〇で困ってる」など、コメント欄で教えてください。 質問・要望に、中の人ができる限り対応します。

使えたよ・設定できたよの一言コメントも大歓迎。気軽に足跡を残してみてください。記事を紹介したい方はブログ、SNSにバシバシ貼ってもらってOKです。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Index