JSON

Python jsonモジュールでJSONファイルを読み込む【2行でできる】

はじめに

Python組み込みの「json」モジュールを使って、「JSONファイルを読み込む方法」を解説します。インストール不要、たった2行でできるので、「JSONファイルを扱いたいけどpandasを覚えるのはちょっと手間だな…」という方は是非ご覧ください。

環境

この記事は以下の環境で作成しています。

Python   3.9.6
OS            Windows10                  

¥1,692 (2022/03/16 16:43時点 | Amazon調べ)

コードの概要

コードの概要は以下の通りです。JSONファイルを読み取り・内容の表示・書き換えを行います。

  • JSONファイルの読み取り
  • 読み取った内容を表示
  • 内容の書き換え・再表示

読み込むJSONファイル

読み込むJSONファイルは、以下の通りです。

{
    "Email": "james@example.com",
    "Active": true,
    "CreatedDate": "2013-01-20T00:00:00Z",
    "Roles": [
      "User",
      "Admin"
    ]
}

実行結果

後述の「JSONを読み込むコード」の実行結果です。JSONファイルを辞書型のデータに取り込んで表示しています。

最終行のメールアドレスは、JSONファイルの「Email」の部分を書き換えたものを、再表示しています。

james@example.com
True
2013-01-20T00:00:00Z
User
Admin
taro@example.com

全体コード

「JSONを読み込むコード」の全体です。ポイント部分は後述の「コードのポイント」で詳しく解説します。

import json

# JSONファイルを読み込みます
with open("test.json", "r") as file:
    dict = json.load(file)

# 読み込んだ内容にアクセス(表示)します
print( dict["Email"])
print( dict["Active"])
print( dict["CreatedDate"])

print( dict["Roles"][0])
print( dict["Roles"])

# 要素を指定して代入で、値の書き換えができます
dict["Email"] = "taro@example.com"
print( dict["Email"] )

コードのポイント

JSONファイルを開く

open関数でJSONファイルを読み込みます。

「with」の書き方はjsonモジュールに必須ではありません。スコープ(インデントされたブロック)から抜けた際に、自動的にファイルのCloseを行ってくれる便利なコードです。

「"file"という変数に、"r"(読み込みモード)で、"test.json"を開いてね」 という処理を行っています。

with open("test.json", "r") as file:

loadでJSONから辞書にする

load関数にファイルオブジェクト(変数)を渡すと、JSONファイルを辞書型のオブジェクトとして取得できます(デシリアライズ操作)。

dict = json.load(file)

JSONファイルの読み込みは、上で解説した2行で完了です。

JSONファイルの内容によっては、以下のエラーが発生します。エラーが出た場合はJSONファイルに「シングルクォート」や「カンマ忘れ」がないか再度確認してみてください。

シングルクォートによるエラー

JSONファイル内でシングルクォート('')を使うと、JSONDecodeErrorが発生します。シングルクォートを使用している場合は、ダブルクォート("")に書き換えてください。

シングルクォートで囲んだ例
{
  'Email': 'james@example.com',
  'Active': true,
  'CreatedDate': '2013-01-20T00:00:00Z',
  'Roles': [
    'User',
    'Admin'
  ]
}
エラーの表示例
json.decoder.JSONDecodeError: Expecting property name enclosed in double quotes: line 2 column 5 (char 6)

カンマ忘れによるエラー

JSONファイル内でカンマを忘れた場合も JSONDecodeError が発生します。エラーの行番号などを参考に、カンマ忘れがないか確認してください。

カンマを忘れた場合の例

カンマを忘れた場合の例です。先頭のEmailの行の最後にカンマがありません。

{
    "Email": "james@example.com"
    "Active": true,
    "CreatedDate": "2013-01-20T00:00:00Z",
    "Roles": [
      "User",
      "Admin"
    ]
}
エラーの表示例
json.decoder.JSONDecodeError: Expecting ',' delimiter: line 3 column 5 (char 39)

格納データにアクセスする

データを格納した辞書には、「"Email"」など、JSONの変数名がそのまま「辞書の要素名」として使われます。そのため、辞書にJSONの変数名を指定することで、格納したデータにアクセスすることができます。

# 読み込んだ内容にアクセス(表示)します
print( dict["Email"])
print( dict["Active"])
print( dict["CreatedDate"])

print( dict["Roles"][0])
print( dict["Roles"])

# 要素を指定して代入で、値の書き換えができます
dict["Email"] = "taro@example.com"
print( dict["Email"] )

まとめ

Python組み込みの「json」モジュールを使って、JSONファイルを読み込む方法を解説しました。参考になればうれしいです。

最新技術に追いつけない...という方へ

Pythonやソフトウェアのトレンドについて「何を見ればいいかわからない」「早すぎて追いつけない!」という方は、今の時代でも雑誌が便利です。

最近は目にする機会が減っているかもしれませんが、正確できちんと編集された情報が「手軽」に読めるのは、今も昔も雑誌しかありません。電子化もされているので保管や廃棄に困ることもなくなりました。

Pythonも毎回特集されていて、機械学習やエディタなどの情報も一石二鳥でキャッチでます。若手の会話に「なにそれ…」となる前に、手軽に最新情報を仕入れましょう。

¥1,692 (2022/03/16 16:43時点 | Amazon調べ)

最新号以外はKindleUnlimitedに対応しています。今なら2か月分が980円です。

jsonモジュールの他の使い方

このブログでは、jsonモジュールの以下の使い方についても解説しています。興味のある方は以下の記事も是非ご覧ください。

JSONファイルの読み込み

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。