MENU
Pico

Raspberry Pi Pico 開発環境まとめ ~Arduino言語編~

はじめに

RaspberryPi Pico で使える開発環境についてのまとめです。今回はPicoで「Arduino言語」を使う場合の開発環境をまとめます。

※ MicoroPythonの開発環境については、こちらの記事をご覧ください。

Arduino IDE

ArduinoIDEの画面イメージの紹介
Arduino IDE

Arduinoボードではおなじみの、Arduino言語公式の開発環境。ステップ実行やシリアルモニタなど、必要最低減な機能はすべて揃い、だれでも無料で使うことができます。

コード補完や拡張機能の追加はありませんが、その分シンプルで初心者でも使いやすく、初めてプログラミングに触れる方や、Arduino初心者におすすめの開発環境です

  • Arduino言語公式の開発環境(無料)
  • 高度機能がない分シンプル
  • 初心者や入門者におすすめ

Picoで使う場合の設定は、スイッチサインエンス Magazinさんの記事が分かりやすいです(リンク先の記事の下の方に記載があります)。

Visual Studio Code

Pico-Go+VS Codeを紹介する画像
Visual Studio Code

最早「何にでも使える」といっても過言ではない、Visual Studio Codeを使う開発環境です。拡張機能「Arduino for Visual Studio Code」を使用します。

ファイル書き込み・コンソール表示・ボード設定も、Visual Studio Code上で使えて、同じく拡張機能である「arduino-snippets」でコードの自動補完も可能です。

設定も簡単なので、Visual Studio Codeを使ったことがある方は、こちらの環境をおすすめします。

  • 日頃使っている環境(VS Code)が使える
  • コンソール・設定・機能拡張も使える(すべて無料)
  • 超初心者でなければ設定も難しくない。

まとめ

Raspberry Pi Pico で使える「Arduino言語」の開発環境についてまとめました。「Picoは安くて入手しやすいけど、他のボードで使ってるArduino言語を使いたいな…」といった方の参考になればうれしいです。

UdemyにRaspberryPiの講座があります

実はUdemyで『RaspberryPi』『Pico』『Arduino』の基礎/実践講座が見れます。無料もあるので「動画で学びたい」「本は読み尽くした」という方は以下のリンクをご覧ください。

⇒ RaspberryPiの講座一覧はこちら

以下の記事で、RaspberryPi・RaspberryPi Picoのおすすめ講座3選も解説しています。

M5StackならWiFi・画面・バッテリー付きです

「やっぱりWifiやディスプレイも欲しい…」「基盤むき出しはちょっと怖い」という方には「M5Stack Core2」があります。Wifi・タッチ画面・バッテリー搭載で、より高度なIoT機器が追加部品なしで作れます。GPIOなどももちろんありますよ。

※ セットアップ方法もこちらで解説しています。

Picoにおすすめのツール11選

Picoを使うときにおすすめのツールをまとめてみました。「Picoを始めるたいけど、どんなツールが必要か分からない」という方は是非ご覧ください。

Picoで使えるI2C センサ

温度センサや距離センサなど、Picoで安価にサクッと使えるI2C接続のセンサについても解説しています。興味のある方は以下の記事も合わせてご覧ください。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。