M5Stack

【MicroPython】M5Stack Core2 画像の表示方法と切り替え 【image】

はじめに

M5StackCore2で画面(タッチスクリーン)へ「画像の表示する方法」と「画像の切り替える方法」について解説します。言語はMicroPythonを使います。

環境

環境          バージョンなど  備考
UIFlow(MicroPython)1.7.4デスクトップ版を使います
デバイスM5Stack Core2
開発PCのOSWindows11Window10でもOKです

プログラム概要

今回のプログラムの概要は以下の通りです。

  • 表示する画像を作成する
  • 画像を表示する
  • 画像を隠す
  • 画像を切り替える

実行結果

後述するプログラムの実行結果です。画面上に画像が表示されて、表示→非表示→別画像へと切り替わります。

画像を表示するプログラムの実行結果

コードを書く前にUIの設定

コードを作成する前に、画像(Image)の表示位置や、表示したい画像の指定などの、UIの設定を行います。

使用する画像は、あらかじめCore2内部に保存(アップロード)しておく必要があるので、その作業も併せて行います。手順は以下の通りです。

アップロードできる画像には以下の制限があります。

形式PNGのみ
サイズ50KB以下

画像のアップロード

右上の「MANAGER」のアイコンをクリックして、「Device File Manager」を開きます。

デバイスマネージャの選択を解説

開いた画像の「Add Image」ボタンを押します。

AddImageボタンを解説

画像選択のためのウインドウが表示されるので、使用したい画像を選択します。

複数の画像を使用する際は、もう一度「Add Image」ボタンを押して、画像を選択してください。

画像の選択の解説

以上で画像のアップロードは完了です。

画像の配置

左側のImageのアイコンをドラッグ&ドロップして、Core2の画面に配置します。

イメージを画面に配置の解説

画像の設定

画面に配置したImageをクリックし、表示されたメニューの「imagePath」のドロップダウン(▼)をクリックします。一覧から、アップロードした画像を選択します。

画像の設定方法の解説

選択すると、画面上のImageが選択した画像に変わります。

画像の設定完了後の状態を買い悦

これでUIFlow上での画像の配置・設定は完了です。

全体コード

全体コードは以下の通りです。詳細な内容は後述する「コードのポイント」で解説します。

from m5stack import *
from m5stack_ui import *
from uiflow import *
import time
import wifiCfg

screen = M5Screen()
screen.clean_screen()
screen.set_screen_bg_color(0xFFFFFF)

# 自動生成される画像のコードです
# このコードで指定された画像が表示されます
image = M5Img("res/rooster1.png", x=11, y=6, parent=None)

# 2秒待機します
wait(2)

# 画像を隠します
image.set_hidden(True)

# 画像を切り替えます
image.set_img_src("res/rooster2.png")

# 隠した画像を再度表示します
image.set_hidden(False)

# 2秒待機します
wait(2)

# 画像を隠さずに切り替えます
image.set_img_src("res/rooster1.png")

# 2秒待機します
wait(2)

コードのポイント

画像の表示

画面表示のコードは、UIの設定(Imageの配置)をすると自動生成されます。

# 自動生成される画像のコードです
# このコードで指定された画像が表示されます
image = M5Img("res/rooster1.png", x=11, y=6, parent=None)

画像を隠す

set_hidden関数で画像の「表示/非表示」を切り替えることが出来ます。

  • set_hidden(True) ・・・ 画像を隠す
  • set_hidden(False) ・・・ 画像を表示する
# 画像を隠します
image.set_hidden(True)

画像を切り替える

set_image_src関数で、表示する画像を切り替えることができます。切り替えは画像の表示中/非表示中、どちらでも実行できます。

アニメーション風に画像を切り替えたい場合は、隠さずに変更した方がスムーズに画像を切り替えることができます。

# 画像を隠します
image.set_hidden(True)

# 画像を切り替えます
image.set_img_src("res/rooster2.png")

# 隠した画像を再度表示します
image.set_hidden(False)

# 2秒待機します
wait(2)

# 画像を隠さずに切り替えます
image.set_img_src("res/rooster1.png")

まとめ

M5StackCore2で画面(タッチスクリーン)へ「画像の表示する方法」と「画像の切り替える方法」について解説しました。参考になればうれしいです。

M5Stack Core2 をはじめよう

M5Stack Core2には標準でUSBケーブル(TypeA-TypeC)が付属しているので、買ってすぐに始めることができます。アマゾンで買えるので購入も簡単です。

「ポイントやチャージを使いたい」「日用品・他の買い物と合わせて買いたい」という方は以下のリンクをご利用ください。

2022年4月現在、円安と半導体不足の影響からか、M5Stack Core2も在庫小・価格上昇・長納期化が進んでいるようです。今後の動向は読めないので、購入予定の方は早めの行動をおすすめします。

こちらの記事で開発時に使えるおすすめツールも紹介しています。

¥5,990 (2022/03/30 18:04時点 | Amazon調べ)

今ならAmazonで、通常会員0.5~2% Prime会員なら最大2.5%のポイントが貰える「現金チャージ」も使えます。

もう少し安いやつないの?

WifiやBluetoothの機能はありませんが、H/W制御の特化の「RaspberryPi Pico」なら1000円程度で始めることができます。「激安でH/Wを動かしたい」という方にはRaspberryPi Picoがおすすめです。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。