Switchbot

Switchbot プラグミニ レビュー 【自由な時間を増やそう】

Switchbotプラグミニのレビュー記事のアイキャッチ

はじめに

コンセントにつなぐだけで、手持ちの家電がスマートになる「Switchbot プラグミニ」を手に入れたのでレビューしたいと思います。

Switchbot プラグミニを使うと、照明や扇風機、Wifiルーターなど、シンプル家電・デバイスが「スマート」に変身します。

スマホやアレクサによる遠隔操作に加えて、スケジュール機能もあるので「つけっ放しで外出してしまった」「仕事で疲れて立ち上がるのも嫌」といったことを、2000円でスマートに解決してくれます。

こんなことに使える
  • リモコンなしの機器をスマホや音声で操作したい
  • タイマーで消し忘れを防止したい
  • 日頃の面倒な作業から解放されたい

Switchbotの公式サイトで「プラグミニ」を購入できます。GooglePay・ApplePayが使えるので支払いが便利。類似品と間違う心配もありません。

⇒ 公式サイトでの購入はこちら

「HomeKitに対応したプラグミニ」が新発売されました。iPhone・AppleWatchから1タップで操作できます。

⇒ 新製品 HomeKit対応版プラグミニはこちら

セットアップやアレクサとの連携するには?

このブログではプラグミニのセットアップ方法・アレクサとの連携方法も解説しています。セットアップ方法はこちらの記事、アレクサとの連携はこちらの記事をご覧ください。

Switchbot プラグミニの概要

Switchbotプラグミニは、ざっくり言うとスマホや音声認識でオン・オフできる電源スイッチです。使いたい家電の電源コードとコンセントの間に挟んで使います。

Switchbot プラグミニの本体画像

プラグミニでできること

離れたところからON/OFFできる

スマホ・アレクサ(音声認識)で、部屋の中でも外でも家電がON/OFFができます。「外出時に消し忘れた」「電源を入り切りしに行くのが面倒くさい」といった時も、その場から機器のON/OFFができます。

プラグミニの操作画面 電源ON
スマホから電源ON
プラグミニの操作画面 電源OFF
スマホから電源OFF

毎日決まった時間に家電をON/OFF

「スケジュール機能」を使って、決まった時間に家電をON/OFFすることが出来ます。「昼間は枕元の照明をOFFにしたい」「寝ている間にWifiルーターを再起動したい」といったことも簡単に設定できます。

スケジュール機能の画像
タイマー設定

1時間たったら消す

「遅延実行」の機能で、指定した時間が経過後に家電をON/OFFできます。

「スケジュール機能」に似ていますが、「12時」など決まった時間ではなく、「今から1時間後」といったシーンで使います。エアコンの「入/切タイマー」のような機能です。

遅延実行の設定画面
入/切の時間設定
遅延実行のカウントダウンの画面
カウント画面

消費電力を把握する

接続した機器の消費電力も確認できます。

アプリ上に、その日や月ごとの消費電力が表示できます。節電・節約はもちろん、離れて暮らす家族の簡易見守りとしても使えるかもしれませんね(照明やポットの使用確認など)。

月ごとの商品電力を表示した画面
月ごとの消費電力画面

プラグミニで出来るのは、機器のON/OFFのみです。エアコンの温度変更や、チャンネル変更など「リモコン的な操作」には対応していません。

「どうせなら操作までしたい!」という方は、以下の製品がおすすめです。

ルーターの再起動に使ってみた

家の不安定なWifiルータを、「スケジュール」機能を使って再起動させてみました。

使い方

誰もネットを使っていない早朝に、OFFとONの2つのスケジュールを設定して、ルーターを再起動させます。ルーターに再起動機能はないので、プラグミニで代替えです。

結果

毎日の再起動によって発生がぐんと減り、面倒な作業から解放されました。

それでもルーターが止まることもありますが、プラグミニのアプリは、Wifiが止まっても自動でBluetoothに切り替えてくれるので、その場で再起動がかけられます。

Wifiが止まったので、ルーターの電源を抜きに行って、待って…という作業が、2000円で「ほったらかし」に変わりました。個人的には大満足しています。

Wifiが止まると家族からのプレッシャーが…とお悩みのママ/パパさんに是非おすすめしたい一台です。

まとめ

コンセントにつなぐだけで、手持ちの家電がスマートになる「Switchbot プラグミニ」をレビューしてみました。

RaspberryPi Picoなどを使って、自作でスマート化をするのも楽しいですが、プラグミニは設定も簡単なので、サクッと家電のスマート化が実現できます。

日頃の「ちょっと面倒な作業」を減らして、自由や集中したい時間を増やしたい方は、是非導入してみてください。

Switchbotの公式サイトで「プラグミニ」を購入できます。GooglePay・ApplePayが使えるので支払いが便利。類似品と間違う心配もありません。

⇒ 公式サイトでの購入はこちら

「HomeKitに対応したプラグミニ」が新発売されました。iPhone・AppleWatchから1タップで操作できます。

⇒ 新製品 HomeKit対応版プラグミニはこちら

Switchbotシリーズでホームオートメーション

『プラグミニ』以外にも、Switchbotシリーズには、自宅をホームオートメーション化できる機器がたくさんあります。その中の一部を紹介します。

Switchbot『ハブミニ』

ハブミニなら、家中のリモコンをスマホ・アレクサなどの音声機器で一括操作することが出来ます。もちろんWiFiにも対応しているので、外出先やスケジュール機能での操作も可能でうす。

『ハブミニ』を使えば、後述する「ボット」などWiFiに非対応機器を、スマホや音声操作で動かすことが出来るようになります。

⇒ 公式サイトのページはこちら

Switchbot『ボット』

ボット』はスマート化するのが難しい、壁に埋め込まれた「スイッチ」を本体についた小さな指で「本当に押してくれる」デバイスです。単体で使う場合は5つまでのスケジューリング、「ハブミニ」と連携させれば、スマホや音声機器で操作することができます。

家電をリモコンで消すと「スタンバイ電源」が消費されますが、ボットならスイッチごと切れるので限界まで節電することも可能ですね。

⇒ 公式サイトのページはこちら

Switchbot ロボット掃除機 S1 Plus

4Lの大型ダストパックで、最大70日間ごみを触らなくていいロボット掃除です。他のSwitchbotシリーズと同じように、スマホやアレクサなどの音声機器から操作することが出来ます。

ロボット掃除機よりも静穏性に優れ、他のSwitchbot製品を使っている場合は、アプリを一つに集約できるのがメリットです。

買った後の設定はどうしたらいい?

「Switchbot プラグミニ」のセットアップ方法を「以下の記事」にまとめています。誰でもできるように分かりやすく解説しているので、購入後も安心です。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。