MENU
Switchbot

Switchbot プラグミニの使い方 ~セットアップ編~

Switchbotプラグミニの使い方の記事のアイキャッチ

はじめに

コンセントにつなぐだけで、手持ちの家電がスマートになる「Switchbot プラグミニ」のセットアップ方法を解説します。SwitchbotのアプリはAndroidとiOSで使えますが、今回は「Android版」の説明です。スマホが苦手な方でもわかるように、画像付きで1ステップずつ解説します。

「プラグミニでどういうことができるの?」という方は、こちらの記事を、「アレクサから操作する方法」についてはこちらの記事をご覧ください。

『SwitchBotプラグミニ』でできるのは、機器のON/OFFだけです。

温度調節や調光など、遠隔操作から「リモコン的な操作」をしたい場合は、「Switchbot Hub Mini (ハブミニ)」がおすすめです。

必要なもの

プラグミニのセットアップに必要なものは以下の通り。本体とスマホ1台があればOKです。

セットアップに必要なもの
  • Switchbot プラグミニ本体
  • Androidスマホ

Switchbotの公式サイトで「プラグミニ」を購入できます。GooglePay・ApplePayが使えるので支払いが便利。類似品と間違う心配もありません。

⇒ 公式サイトでの購入はこちら

「HomeKitに対応したプラグミニ」が新発売されました。iPhone・AppleWatchから1タップで操作できます。

⇒ 新製品 HomeKit対応版プラグミニはこちら

【結論】セットアップすると、こんな画面で操作ができます

後述するセットアップが完了すると、アプリの以下の画面でプラグミニを操作できるようになります。次の項目からセットアップ方法を手順を詳しく解説します。

プラグミニの操作画面 電源ON
スマホから電源ON
プラグミニの操作画面 電源OFF
スマホから電源OFF

Switchbotアプリのダウンロード

以下の「Playストア」のアイコンをタップ(タッチ)します。

google play ストアの起動

Playストア上部の検索欄に、「switchbot」と入力します。

playストアでのswitchbotアプリの検索方法の解説

Switchbotアプリが表示されるので「インストール」をタップします。

switchbotアプリのインストール方法の解説

ダウンロードとインストールが始まるので、数分程度待ちます。

switchbotアプリのダウンロード

以下のように「開く」が表示されたら、インストール完了です。「開く」をタップしてSwitchbotアプリを起動します。

switchbotアプリのダウンロード完了後、開く方法の解説

プラグミニをセットアップ

Switchbotアプリを起動すると、位置情報へのアクセス許可が求められます。表示内容を確認したのち「確認/アプリの使用中のみ許可」ボタンをタップします。

switchbotアプリの位置情報のアクセス許可
switchbotアプリの位置情報のアクセス許可(2つ目)

アクセス許可の画面が終わると、アプリの紹介が表示されます。左に数回スワイプ(スライド)して、「はじめる」をタップします。

switchbotアプリの紹介画面の操作方法

デバイスを追加する画面が表示されるので、右上の「+」マークをタップします。

switchbotアプリでプラグミニを追加する方法の解説

ログイン画面が表示されるので、「G」のマークをタップします。アカウントの選択画面が表示されるので、使用したいアカウントをタップします。

ログインには「Switchbot専用アカウント」「Google」「Amazon」「Apple」のアカウントが使用できます。今回はGoogleのアカウントを使う方法を解説します。

switchbotアプリのログイン画面の解説
googleアカウントでのログイン方法の解説

プラグミニを追加

ログインが完了すると、ホーム画面に戻ります。右上の「+」ボタンをタップします。

ログイン後のデバイスの追加方法の解説

一覧の「プラグミニ(JP)」のアイコンをタップします。

プラグミニの追加方法の解説

使用上の注意が表示されるので(よく読んでから)、「次へ」をタップします。

画面の指示に従い、プラグミニの電源ボタンを長押して「次へ」をタップします。

使用上の注意の解説
プラグミニの電源を長押しの解説

SSIDとパスワードを入力

WifiルータのSSIDとパスワードを入力します。

※5GHzのネットワークには対応してないため、2.4GHz(ゲーム機などに使用するもの)を入力してください。SSIDやパスワードが分からない方は、ルータ本体に記載(シール)がある場合があります。お使いのルータを確認してみてください。

SSIDとパスワードの入力方法の解説

複数のプラグミニを使う時のために、名前を設定できます。お好きな名前に設定してください(ここでは「プラグミニ」としています)。名前が設定できたらセットアップは完了です。

プラグミニへの名前の設定の解説
セットアップ完了画面の解説

プラグミニの操作

セットアップが完了すると、ホーム画面に設定した名前の「プラグミニ」が表示されるので、タップします。

ホーム画面でのプラグミニの選択方法の解説

プラグミニの操作画面が表示されます。中央のボタンで「手動のON/OFF」、下のメニューから「スケジュール」「遅延実行」「履歴」の機能を使うことができます。

※ 各機能についてはこちらの記事で紹介しています。

プラグミニの操作画面の解説

まとめ

コンセントにつなぐだけで、手持ちの家電がスマートになる「Switchbot プラグミニ」のセットアップ方法を解説しました。

消し忘れの不安や、毎日の面倒な作業を簡単に解決してくれる便利なアイテムで、AmazonでもイチオシのIoT製品です。ぜひぜひ、いろんな家電やデバイスをつなげてみてください。

皆さんの生活がより快適なものになればうれしいです。

Switchbotの公式サイトで「プラグミニ」を購入できます。GooglePay・ApplePayが使えるので支払いが便利。類似品と間違う心配もありません。

⇒ 公式サイトでの購入はこちら

「HomeKitに対応したプラグミニ」が新発売されました。iPhone・AppleWatchから1タップで操作できます。

⇒ 新製品 HomeKit対応版プラグミニはこちら

Switchbotシリーズでホームオートメーション

『プラグミニ』以外にも、Switchbotシリーズには、自宅をホームオートメーション化できる機器がたくさんあります。その中の一部を紹介します。

Switchbot『ハブミニ』

ハブミニなら、家中のリモコンをスマホ・アレクサなどの音声機器で一括操作することが出来ます。もちろんWiFiにも対応しているので、外出先やスケジュール機能での操作も可能でうす。

『ハブミニ』を使えば、後述する「ボット」などWiFiに非対応機器を、スマホや音声操作で動かすことが出来るようになります。

⇒ 公式サイトのページはこちら

Switchbot『ボット』

ボット』はスマート化するのが難しい、壁に埋め込まれた「スイッチ」を本体についた小さな指で「本当に押してくれる」デバイスです。単体で使う場合は5つまでのスケジューリング、「ハブミニ」と連携させれば、スマホや音声機器で操作することができます。

家電をリモコンで消すと「スタンバイ電源」が消費されますが、ボットならスイッチごと切れるので限界まで節電することも可能ですね。

⇒ 公式サイトのページはこちら

Switchbot ロボット掃除機 S1 Plus

4Lの大型ダストパックで、最大70日間ごみを触らなくていいロボット掃除です。他のSwitchbotシリーズと同じように、スマホやアレクサなどの音声機器から操作することが出来ます。

ロボット掃除機よりも静穏性に優れ、他のSwitchbot製品を使っている場合は、アプリを一つに集約できるのがメリットです。

購入後のレビュー

私が実際に購入した際のレビュー記事はこちらです。

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。