Pico

RaspberryPi Picoで使える機能まとめ

RaspberryPi Picoで使える機能まとめの記事のアイキャッチ

はじめに

このブログで紹介してきた、RaspberryPi Picoで使える機能のまとめを紹介します。各機能で紹介している記事の開発環境はWindows、言語はMicroPythonを使用しています。

環境

紹介している各記事は、以下の環境で作成しています。

環境 バージョン 備考
開発用PCのOS Windows11, 7 Win10でもOKです。
開発環境 Thonny 3.3.13

① GPIO

General Purpose Input Output(汎用入出力)の略で、入力/出力用の機能です。

「ON・OFF」の信号を入力/出力して、スイッチON/OFFの確認やLEDの点灯/消灯に使います。

入門やデバイスの動作確認で「はじめの一歩」としてよく使われ、「Lチカ」もこの機能を使います。

② ADC

Analog to Digital Converter(アナログ-デジタル変換)の略で、入力用の機能です。

電圧値などのアナログの値を、プログラム上で「数値」として扱えるように変換してくれます。GPIOはON/OFF状態のみですが、こちらは「2ボルト」のように、プログラム上で「数値」として扱うことが出来ます。

明るさセンサ(CDS)などは「明るい/暗い」の状態を電圧で出力しますが、そういったセンサと接続する際にこの機能を使います。

③ PWM

Pulse Width Modulation(パルス幅変調)の略で、出力用の機能です。GPIOと同様に、扱えるのはON/OFF信号のみですが、PWMはON/OFFを「指定した周期で繰り返してくれる」のが特徴です。

LEDの点滅・調光、スピーカ・直流モータ・ラジコンサーボを動かす時に使います。

④ I2C

Inter Integrated Circuitの略で、通信用の機能です。

二本の通信線を使ってセンサなどと通信します。温度センサやディスプレイなど、より高度な機器との接続に使います。

ADCの場合はセンサからPicoへの入力のみでしたが、I2Cの場合はセンサとPico間で、データを送受信することができます。配線が少なく、プログラミング用のライブラリもあるため、よく使われる通信方式です。

まとめ

このブログで紹介してきた、RaspberryPi Picoで使える機能のまとめを紹介しました。参考になればうれしいです。

UdemyでRaspberryPiが学べます(無料あり)

UdemyにはRaspberryPiの講座があります。

教育・趣味以外にも広がりを見せている「RaspberryPiなどのIoT機器」ですが、大人向け・仕事向けのセミナーは少なく、探すのも面倒な状況です。

Udemyには『RaspberryPi』『Pico』『Arduino』の使い方や、基礎/実践が学べる講座が多数公開されています無料で視聴できるものもあるので研修で使いたい」「自分のアイデアを形にしたい」という方はUdemyを活用してみてください。

以下は、RaspberryPiの講座一覧です。

⇒ RaspberryPiの講座一覧はこちら

応援・要望お待ちしてます

ブログを見ていて「この辺を詳しく知りたい」「このライブラリの使い方を知りたい」「こんなことで困ってる」...etc があれば、コメント・問い合わせ・Twitterで教えてください。質問・ご要望に合わせて解説記事を作ります。

ブログを気に入っていただけたり、「応援してもいいよ」という方がいたら、ブログやSNSでの紹介をお願いします。 あたたかい応援は、中の人の更新の大きな励みになります。

ABOUT ME
えす
現役のソフトウェアエンジニアです。 C++ C# Python を使ってます。10年ちょい設計/開発部門にいましたが、今はQAエンジニアっぽいことをしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。